CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 楽天銀行ハッピープログラム | main | 小熊文彦「この日だけの三人」 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    第三のジャガイモ
    0
      去年収穫したジャガイモ(男爵)がまだかなり残っていた。2月にも伯父や叔母にかなりの量をあげ、自分でも(それまではカレーにジャガイモを入れる主義ではなかったが)よくジャガイモカレーを作って食べたが、結局食べ切れなかった。驚いたのは芽が出ていたジャガイモでも(もちろん芽の部分は取り除いて料理したが)切ってみたら本当にみずみずしく、煮てもホクホクで美味しかったこと。後日、叔母からも美味しかったと云われた。長期間保存が可能で、しかも美味しさも保持される。ジャガイモのパワーは本当に凄いびっくりと改めて感じた。

      と云う訳で、まだ残っていたかなりのジャガイモたちを新たに土に蒔いた。第三のジャガイモだ。
      小粒のものがほとんどで、かなり芽が伸びていたが(長いものでは5cmくらい)、
      ・かなり芽が出たジャガイモでも育つのか?
      ・蒔くには明らかに遅すぎるこの時期でも育つのか?
      ・根が伸びてくっついているものは、くっついたまま蒔いたが、それでも育つのか?
      を試してみたくなった。芽の部分を上にして、それでもしっかり土をかけた。
      普通のことを型通りにやる畑もきっと楽しいだろうけど、私にはどうもできそうにない。畑にマニュアルなんて要らない。
      今日も畑に寝転んで、澄み渡る青い空を見上げ、心地よい風を感じ、土や草の香りを嗅ぎ、遠くで鳴くキジの声に耳を澄ました。
      晴れた日はできるだけ畑に行って、土や作物たちと対話をしたい...。
      また一つ畑の愉しみが増えた楽しい
      | 耕す(畑) | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 18:57 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック