CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 『るるぶトラベル』新規登録記念!宿泊予約やデイユースの際、お得にポイントが貯まるポイントサイトはどれだ? | main | 男は女の瞳に惚れる。久々に艶のある映画を観た。『海の上のバルコニー』 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    日本で使っているドライヤーなどの電化製品を海外で使用するためには、電源プラグの変換と電圧の対応(変換)が必要
    0
      昨年母がインド旅行に行く際に、愛用のドライヤーを持っていきたいと相談されたが、電源プラグの変換アダプタは私が持っていたが、ドライヤーの入力電圧が100Vで海外向けではないため、諦めてもらった。



      クーポンサイトのくまポンで、海外向けの電源プラグ変換アダプタが売り出されているのを見つけ(USBポート付きは確かに便利だと思うが、
      ※本製品に変圧機能ございません
      ※ご使用前に必ずコンセントの電圧、形状を確かめてください
      の注意事項にあるように、国によっては電圧の変換が必要になる)



      自分がかつてインド・ネパールを旅行した際に揃えた海外モバイルキットが急に懐かしくなり、ちょうど春のリレイアウトの際に出てきたこともあって、改めてキットを確認してみた。

      ...と、そのときにアップした記事もあるので、当時を懐かしみながら、(折角なのでキットや現地の写真を一部追加して)ここに再掲することにした。以下、2004年8月にアップした『インドでモバイル!』記事の改訂版。


      8月の上旬に、インド・ネパールを旅してきました。そのときMOBILEKit.JPの各種海外モバイルキットがとっても役に立ちましたので、ここではその賢い購入方法と合わせて紹介します。

      海外では、電源電圧や電源プラグの形状、モジュラージャック(電話プラグ)の形状が国ごとに異なるため、まず、MOBILEKit.JPの国別プラグ対応表から、必要となるプラグ類を調べました。
      国名及び地域電話プラグタイプ電源電圧電源プラグタイプ
      インドインド、イギリス、アメリカ115/230/240B,B3,BF,C,SE
      ネパールアメリカ110/220A,B,B3,BF,C,SE

      この表から、まず電源プラグはこの2カ国をとっても様々であり、個々に国別に対応した物を用意するよりは、将来性を考慮して(他の国でも使えるように)、汎用性の高いゴーゴンか、さらに汎用性の高い(アメリカやカナダにも対応)ゴーゴンWにしようと決めました。



      次に電源電圧に対する対応ですが、私の場合、富士通のノートパソコンFMV-BIBLO MG70を使用しているのですが、ACアダプタは100〜240Vに対応しているのに対し、



      その先の電源ケーブルが125Vまでしか対応していないので、



      240Vに対応したノートパソコン用の電源ケーブルである、エルバックPCか、さらにサージ機能が付いたエルバックPCプロを購入することにしました。

      なお、今回のケースでは、その他に使用を予定していたICレコーダーやデジカメなどのACアダプタがすべて240Vに対応していたので、変圧器を用意する必要はありませんでしたが、100Vにしか対応していない電気機器を使われる場合には、別途、変圧器も必要になります。

      最後に、電話プラグへの対応ですが、まず、ホテルやオフィスの多機能電話(デジタル回線)に、一般のモデムを接続するとモデムが破損する恐れがあるということなので、電話回線の安全性をチェックし、過電流も防いでくれるモデムセーバーを購入することにしました。

      次に、やはり電話線の延長ケーブルが必要になりますので、てるまきくんか、さらにLANケーブルにも対応したてるまきくんWを購入することにしました。これらの本体裏面には、便利な各国時差早見表も付いているので気が利いています。

      最後に、電話プラグは、インドとネパールの場合、インド、アメリカ(日本と同じ)、イギリスタイプに対応していればよいので、インドタイプとイギリスタイプを個々に用意するか、さらに将来的な汎用性を考慮して、イギリスタイプの方はヨーロッパの主要6カ国に対応したマルチテレコネクターにしてしまおうと決めました。

      以上で、必要となる機器が絞れたので、ここからは、より安く購入できる方法はないか、を検討しました。まず、色々調べてみると、お得なベーシックパックが各種あることがわかりました。その中で、インドセットはなかったので、最初は、イギリス・香港セット-お買い得ベーシックパックに、追加でテレコネクター(インドタイプ)を購入することを考えました。この組み合わせだと、エルバックPCプロ、モデムセーバーStick(Blue)、 てるまきくん、ゴーコン(フォレストグリーン)、テレコネクター(イギリスタイプ)に特製ポーチが付き、それにテレコネクター(インドタイプ)が加わるので、購入を検討した機器が一通り揃うことになります。ところが、この組み合わせだと1万円をわずかに下回り、送料が別途発生することになるため、再度、組み合わせを検討してみることにしました。その結果、カナダ・スペインセット-お買い得ベーシックパックに、追加で、テレコネクターのインドタイプとイギリスタイプを購入した方が、まったく同じ内容でも、1万円をわずかに超えて送料を無料にすることができるので、より安く購入できることになりました。


      (※テレコネクターのインドタイプは旅の途中で紛失してしまった。)

      皆さんも、こうした組み合わせを検討して、ぜひお得な買い物をしてみてください!(※なお、この購入方法は、2004年7月現在の製品、価格によるものですので、その後、製品や価格などが変更されている場合があります。)

      さて、今回、インドのニューデリーに2泊、













      ジャイプールに2泊、













      class="pict" />

      ネパールのカトマンズに2泊しましたが、







      たまたま宿泊したホテルの電話プラグはアメリカタイプだったので、テレコネクターのインドタイプやイギリスタイプは使用の機会がありませんでしたが、それ以外の、エルバックPCプロ、モデムセーバーStick(Blue)、てるまきくん、ゴーコン(フォレストグリーン)は大活躍して助かりました!

      なお、海外での接続サービス(タイ国際空港での無線LANやインド、ネパールでのダイヤルアップ接続)は、加入しているプロバイダが提供している海外ローミングサービスのうち、iPass社のiPassConnectを利用しました。


      | 使う(パソコンネットライフ) | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 16:55 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック